語学留学をしたら話せるのか

  • 語学留学をしたら話せるのか

    • 語学留学とは留学の最も一般的なスタイルです。
      実際に外国に行き、その土地のネイティヴと会話することができます。

      今英語などの外国語を学んでいる人は一度は語学留学を考えたことがあると思います。
      しかし、実際にその地に行けば外国語が話せるようになると思っていませんか。

      幅広い分野のカンボジアの実習生の情報を今すぐ確認できます。

      確かに語学留学をすれば大なり小なり得るものはあるでしょう。
      ところがネイティヴと話していると簡単な文章とジェスチャーだけで自分の言いたいことを伝えることができます。ジェスチャーに頼った会話ではなかなか外国語は習得できません。
      そのため、何年留学しても一向に語学が習得できない、もしくは上達しない人がいるのです。



      では留学はせず、語学を学んで習得した人はどうでしょう。


      「そんなことが出来るのは一部の才能がある頭のいい人だけだ」と思っていませんか。


      頭がいいと多少は有利でしょうが、語学の習得にはあまり関係のないことだと思われます。留学をせずごがくを習得した人に共通して言えることは地道にコツコツと努力したということです。

      海外の映画を見たり、CDなどでリスニングして自分で話してみたりと学習方法は様々ですが、一日に何時間もやる人も多いです。
      こうした長い努力が大きな成果になったということです。



      語学の習得は1日でできるような楽なものではありません。
      たくさんの努力が大事になります。
      もしこれから語学留学をしようと思っている人は行けば話せるようになるとは考えず、全ては自分の努力次第だということを覚えておいてください。