• トリマーA級はB級の資格を取ってから

    私は子供のころは、獣医さんになりたかったんです。

    そういえば小学校の卒業文集にも、獣医さんと書いた記憶があります。しかし高校では数学が苦手だったため文系に進み、そのころは将来は美容師さんもいいなと思っていました。
    カットやネイルアートなどの手先を使う仕事がしたかったんです。


    大学に行くという選択もあったのですが、とにかく普通のOLになって事務などはやりたくなかったのです。
    大学を卒業してデスクワークをやるくらいだったら、大学には行く必要がないなと高校1、2年の時は思っていました。

    高校3年生のころテレビを見ていたら、たまたまトリマーの仕事が紹介されていました。


    こういう仕事もあるんだと私はその時初めて、トリマーという存在を知ったのです。

    これは動物好きの自分にはぴったりだと思って、翌年専門学校のトリミング科に入学しました。そして卒業後動物病院へ就職しました。そこではトリミングと獣医さんの手伝いをして、1年後に転職してペットショップに就職しました。

    もう4年前のことになります。


    私は専門学校に通ってトリマーB級と、ハンドラーC級の資格を取りました。

    トリマーの資格情報の差に驚きました。

    ハンドラーというのは、ドッグショーで犬が美しく見えるようにリードを引く人のことです。



    最近はA級の試験に合格しました。



    A級というのはB級を取ってから3年経過しないと、受験資格がありません。このA級を取ってからお客さんにも安心して、任せていただけるようになったと感じています。